今から三年前、私は専業主婦でした。とあることから保育士の資格が欲しいと思っていましたが、年齢的な事を考えると中々一歩が踏み出せないでいました。
近畿大学豊岡短期大学通信教育学習サポート校の事を知り、学院長先生から、「大丈夫です。私と一緒に頑張っていきましょう。」とお言葉を掛けて頂き入学を決意致しました。
学院長先生の存在は第一でありますが、諸先生方、同期の仲間達には心身ともに支えて頂き、この縁がなかったらきっと今日まで頑張ってくる事はできなかったと思っています。
社会では保育士不足、待機児童と多くの問題を抱えています。私の資格が少しでも社会の役に立つ事ができますよう、それが今までお世話になってきた方達への恩返しであると信じて、今後とも努力をして参りたいと存じます。
本当に三年間、ありがとうございました。